MENU
ゴリパラ観光課 PR

ゴリパラ見聞録聖地巡礼 ゴリパラ観光課「徳島県」旅

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

※この記事はアフィリエイト広告を利用しています

YouTube配信限定企画「ゴリパラ観光課 徳島県」旅です!

旅の内容をまとめました。

OPトーク
  • 徳島県からオファー
  • 案件旅
  • 見切れている着ぐるみ
  • すだち君
  • とりあえず通りもんビッグサイズ
  • 斉藤、すだち君と同じカラーリング
  • 担当者がゴリけんの後輩
  • 阿部P同行

車中トーク
  • 徳島ラーメン
  • かぼす君
  • 斉藤の失言
  • 徳島出身の有名人
  • きゃりーぱむぱむ
  • 欧陽フィンフィン
  • アンジェラ・ユキ
  • 米津けんしん
  • 今がラ…良い時

初日の昼食はどのお店?注文したメニューは?

お店

やまきょう

住所:〒770-0006 徳島県徳島市北矢三町3丁目7−11
(Googleマップ)

注文したメニュー

斉藤さん:中華そば玉子入り

ペペ:中華そば玉子入り やまきょう丼

ゴリけん:やまきょうの赤 ねぎトッピング

名物の徳島ラーメンを頂くためにこちらへ。

斉藤さんの「うま杉晋作」が出てましたね笑

矢野さんとゴリけんさんにダメだしされてました笑

皆さん満足そうでした。

車中トーク
  • 幸先いい
  • 日本一低い山
  • 斉藤の介入

前編立寄りスポットを知りたい!

前編(初日)の立寄りスポットはこちらです。

弁天山

住所:〒770-8033 徳島県徳島市方上町弁財天8
(Googleマップ)

日本一低い山があるという事で、こちらへ。

以前、大阪の天保山が日本一低い山という事でしたが、こちらも日本一低いと謳っている事で、斉藤さんが第三者委員会として揉め事に介入したがってました笑

こちらの弁天山の看板には国土地理院認定と書かれていました。

神主さんも登場して話を伺ってらっしゃいましたが、喋りがお達者な方で、解説がとても面白かったです。

自然の山と天然の山の戦いや、山の歴史、この山のパワースポットのいわれが秀逸でした。

終始漫談を聴いているかのような語りでした。

神主さんに会いたくなりました!

車中トーク
  • サービス精神のある神主
  • ちょっとしたアミューズメント
  • 知事に会いに県庁へ

徳島県庁

住所:〒770-0941 徳島県徳島市万代町1丁目1
(Googleマップ)

徳島県知事が、是非ともゴリパラご一行に会いたいという事でご挨拶に。

こういう時に力を発揮するのが斉藤さんですよね!

本当に凄みを感じます。

渦潮のように巻き込んで欲しいというむちゃブリにも渦潮作戦と銘打っていい感じにまとめてました。

ゴリパラのお楽しみ「一献」お店はどこ?

今回の一献のお店はこちら。

お店

居酒屋とくさん

住所:〒770-0831 徳島県徳島市寺島本町西1丁目42 EBISUビル
(Googleマップ)

その他の四国地方の一献のお店はこちら↓
ゴリパラ見聞録 四国地方の一献のお店をまとめました!

本日の焼酎紹介!

金時王

紹介されたメニューは?聖地巡礼時に注文しよう!

メニュー
  • すだち酒
  • 阿波牛
  • お刺身盛り合わせ
  • 阿波尾鶏

一献トーク
  • ゴリけん、ミステイクが多い
  • うま杉晋作リベンジ
  • 分からない魚のコメント
  • 伊勢海老の気持ち
  • ホロッホー
  • 徳島県観光課の新見ちゃんと石橋さん
  • 逆有吉さん
  • ゴリけん、星野リゾートにコネクションない
  • 星野リゾーチ
  • 困ったら自虐
  • 県民が思う魅力度ランキング最下位
  • 芸人の文化「オイシイ」
  • 福岡にくる東京の人が食べたい「透明なイカ」
  • 伊勢海老を投げるお祭り
  • 気付いて!徳島
  • すだち君を倉庫に入れる
  • 米津の「Sudachi」

徳島の夜はこちらで一献。

乾杯は徳島名産すだち酒で。

阿波牛や阿波尾鶏などグルメも美味しそうでした!

徳島県観光課の石橋さんと新見さんを招いての徳島PRを考える時間では、なかなかな熱量で討論していました。

斉藤さんは、自分がもう徳島に来れなくなる覚悟で、すだちからの巣立ちを提案していました。

しかし、リアクションが思い描いていたのと違ったみたいですが、もうこうなったら引くに引けない斉藤さん。

バッサバサに切り倒してました笑

米津さんにSudachiを歌って貰う事に賭けてました笑

泊まったホテルは?

ホテルサンルート徳島

住所:〒770-0834 徳島県徳島市元町1丁目5−1
(Googleマップ)

ゴリパラ見聞録で宿泊されたホテルはこちらでチェック!

後編OPトーク
  • アツイ夜
  • 斉藤の大胆な政策
  • 四国八十八か所のスタート地点

車中トーク
  • 後部座席2日酔い
  • 飲む理由
  • ささくれフック

後編立寄りスポットを知りたい!

後編(2日目)の立寄りスポットはこちらです。

竺和山一乗院霊山寺

住所:〒779-0230 徳島県鳴門市大麻町板東塚鼻126
(Googleマップ)

四国八十八か所の1番札所のこちらへ。

お遍路のスタート地点という事で参られてました。

お寺には珍しく御手水があり、手を洗った斉藤さんはゴリけんさんの服で拭いてました。

歴史の話をゴリけんさんがペペさんにしてましたが、全然伝わってませんでした。

お遍路の恰好をしたかたもいらっしゃったようです。

お参りの際に立てるろうそくは、叶えたい願いが書かれたろうそくを選んで火をつけ、その火で線香に火をつけてました。

本堂の天井は、提灯のようなものがたくさん飾ってあり、幻想的な雰囲気がありました。

矢野さんは神を信じないほうですが、娘さんにお守りをお土産として買ってました。

お土産を買った斉藤さんは、貰った冊子に「世のために自分を大きく生かしたい」と願う事が生まれてきた理由と深い事が書かれていたようです。

それぞれ自分のお願いをしてしまったため、謝ってました笑

車中トーク
  • 2日連続ラーメン
  • すだちからの卒業
  • 矢野の運転
  • 斉藤、毎日がチートデイ

昼食はどのお店?注文したメニューは?

お店

支那そば 三八 斎田店

住所:〒772-0002 徳島県鳴門市撫養町斎田岩崎56−1
(Googleマップ)

注文したメニュー

全員:三八焼き? 支那そば ソフトクリーム

お好み焼きが人気なラーメン店があるという事でこちらへ。

昨日の昼食もラーメンだったため、2日連続でのラーメンになってました。

席につくと、テーブルのど真ん中に大きな鉄板が!

店内の皆さんは、ラーメンとお好み焼きを食べているようです。

お好み焼きを自分で焼くスタイルのようですが、上手に焼かれていました。

お好み焼きには豆が入っているようですがあまり気にならないようです。

徳島の料理には金時豆が割と入っているそうです。

支那そばは三者三様の感想を言ってました。

サービスでソフトクリームを頂いてましたが、大人になってから食べるソフトクリームって、子供の時とまた違った美味しさを感じますよね。

車中での会話
  • トンネルものまね
  • 米津ウケず

後編立寄りスポット(続き)

後編(2日目)の立寄りスポット続きです。

うずしお観潮船

住所:〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦大毛264−1
(Googleマップ)

渦潮を見るためこちらへ。

乗船後、トミさんのミスが発覚。

本来乗船するはずだった会社とは違う会社の船に乗ってしまったらしく、慌てて許可取り。

乗るはずだった会社には、県庁の方が謝ってくれたようです。トミさん!

笑出航して橋の下に出来ている渦を見つけると皆さん興奮してました!

船を左右に駆け回り、渦を楽しんでました。

テンションが上がった斉藤さんは、ゴリけんさんの誘いに乗って「巻き放題だぜぇ~!」と叫んでました笑

ゴリけんさんは変な嘘をついてました笑

車中トーク
  • 乗るはずだった会社へ謝罪
  • なると金時
  • ザすだち
  • ラストワンスポット
  • ゴリパラに縁?のある米津さん
  • べた付け駐車

いよいよ最後のスポット!

目的地「大塚国際美術館」

住所:〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65−1
(Googleマップ)

米津玄師さんが紅白で歌った場所があるこちらへ。

入り口のエスカレーターがとんでもなく長かったです。

頂上が1階という不思議な作りになっている美術館のようです。

鳴門の砂を有効活用するために陶板で美術品を再現するという取り組みを行っているようです。

再現度は高く、現地の建物に書かれている落書きもしっかり書かれているようです。

展示数は1080点ほどと見ごたえ抜群ですね。

普段写真を取る事はもちろん、触れる事も出来ない美術品ですが、こちらの展示品は触れることが出来るようです。

そして、米津さんが歌った場所は、バチカン市国のシスティーナホールを再現しているようです。

ゴリけんさんがその中心で「米津です!」とモノマネしてました。

最後は3人で写真を撮って観光課の業務を終えてました。

まとめ

今回の旅の全ルートマップはこちら

今回は、ゴリパラ観光課 徳島県旅でした!

観光課第一弾となる今回は、通常のゴリパラと遜色なく面白くなっていたのではないでしょうか。

斉藤さんのスキルが際立つ場面が多かったと思います。

徳島県へは福岡空港から1時間で行けるという事で気軽に行ける事を知れてよかったです。

美術館もなかなかすごい所でしたので、行ってみたいなと思います!

error: Content is protected !!